なぜ外反母趾になるの?

足が痛い、歩くと足の指の方が痛い・・・と思っていたらなんと外反母趾だったという方、現代は非常に多くなっているといいます。
なぜ外反母趾がこれほど多くなったのかというと、様々な理由がありますが、足の形にあっていない靴や、サイズがきつい靴などを無理にはき続けることで脚の骨の形まで変わってしまうといいます。

しかしハイヒールを履き続けている人でも、全く外反母趾などのトラブルにならない方もいますし、ハイヒールなどの無理な靴ではないのに、外反母趾になってしまう方もいます。
本当の原因となるのはどういう事なのでしょうか。

外反母趾の要因には、性別や体質、遺伝、さらには環境などの要素がかかわるといわれています。
外反母趾は圧倒的に女性が多いため、ハイヒールなど窮屈な靴が原因となっているといわれることが多いのですが、実は、その他にも要因があるのです。
女性は骨格に柔軟性があり、骨が柔らかいといわれています。
関節部分も男性と比較して柔らかいため、ハイヒールなどの足の骨に負担がかかりやすい靴を履いていると、外販簿になるといわれています。

また骨が柔らかいという体質も外反母趾になる要因です。
男性でも外反母趾になる方は骨、関節部分が柔らかく、外部の刺激を受けやすいのです。
この他、血液の流れが悪いという事も要因の一つとなっているようです。
いずれにしても外反母趾は足の格好が悪くなるだけではなく、歩くのに痛い、ひどくなると歩くこともできなくなります。

当サイトは外反母趾の種類を紹介し、できる限り外反母趾にならないように予防してほしいと作ったサイトです。
皆様の足の健康に役立てていただけたら幸いです。